casestore.jp へようこそ! 新規登録 ログイン

iPhone Xの生産台数、一日25万台に伸びる。

iPhone X出荷が少なくなっている要因として、iPhone Xの3Dセンサーモジュールの生産遅延が挙げられる。


そのために、Foxconnは、iPhone Xの生産台数を週当たり400,000台まで増やすことを計画している、11月3日に迫ったiPhone Xの発売時点では深刻な品薄になることは避けられるかもしれない。



現時点で、2017年の終わりまでに3,000から3,500万台の出荷が見込まれている。



関連記事: 

3分でわかる、9月12日Appleスペシャルイベント新製品まとめ


iPhoneXはどうしてこんなに高いの?六つのポイント分析!

商品のレビュー

0コメント数

コメントがありません